Catalyst+lighttpd+fastcgiで動かしてみる

Catalyst+lighttpd+fastcgiで動かす場合の設定メモ
今回は下の図のように動かす
Catalystはスタンドアロンで動かすほうが早い気がする
bin-path指定で動かす場合はこちらを参照


  1. conf編集
  2. /etc/lighttpd/conf-enabled/10-fastcgi.confを編集 今回のサーバーではlighttpdは普通のWebサーバーとして使っているので、ポートで切り分ける以下を追加 あとserver.port文を消す
    $SERVER["socket"] == "192.168.0.4:5000" {
    #server.port = 5000
    fastcgi.server = (
    "" => ( # the extension is empty because we want to match on any extension
    "myserver1" => (
    "host" => "192.168.0.4",
    "port" => 5001,
    "check-local" => "disable"
    )
    )
    )
    }
    $SERVER["socket"] == "192.168.0.4:4000" {
    }
  3. Catalystの起動
  4. ポート越しにやりとりするからパーミッションとかは適当でOK
    script/helloworld_fastcgi.pl --listen 192.168.0.4:5001 --keeperr 2
  5. デーモン化する
  6. /etc/init.dにスクリプトを書けば自動起動する こちらを参考に適当にスクリプト書けばOK



参考リンク
Deploying Catalyst Applications
Deploying Catalyst applications with lighttpd and FastCGI
/etc/init.dに作った起動スクリプトのリンク設定とか
Configuration File Syntax